南阿蘇村河蔭5262【地図を見る
  TEL&FAX:0967-67-0827

  玉名市大倉471-3【地図を見る
  フリーダイヤル:0120-88-7674
  FAX:0968-737196
薪ストーブなごみブログ
屋根雨漏りのお医者さん
ハウスリフォーム玉名


薪の燃焼とともに発生する未燃焼ガスを無駄なく再燃焼させるのがキャタリティックコンバスター(触媒)の主な働き。耐久性に優れたオールステンレス製またはセラミック製のハニコム構造(蜂の巣状)にプラチナ、またはパラジウムでコーティングしています。通常、再燃焼に必要な温度は550℃以上ですが、この触媒作用により約250℃の低温域でも再燃焼が起こります。結果、薪の持つ熱エネルギーを95%以上引き出し、汚染物質を90%軽減。さらに有効熱を50%以上生み出し、薪消費の25%以上の節約を可能にした画期的な燃焼方式です。排気ガス中の微粒子が少ないため煙をほとんど出さず、煙突の目詰まりも軽減されます。


触媒装置を使った排出ガス浄化の方法以外にもクリーンな排出ガスをつくるシステムがあります。これらは非触媒方式と呼ばれ、現在、大きく分けて2つのシステムが開発されています。リーンバーン燃焼とは、自動車エンジンなどに採用されている希薄燃焼システムのことで、通常より少ない燃料で高い燃焼効率が得られるシステムです。この概念を薪ストーブの燃焼に採り入れたのがリーンバーン燃焼です。通常の燃焼は、薪から発生する可燃ガス(燃料)1に対して空気が14の割合で燃えます。これに対して、リーンバーン燃焼では空気が20~25の割合で燃えるように設計されています。つまり、燃焼用の空気を多く採り入れて熱効率を高め、それによって燃料(薪)消費を低く抑えます。さらに、完全燃焼に近づくために排出ガスもクリーンとなります。


炉室上方に穴あきステンレスパイプを装着。このパイプの穴から熱い二次燃焼用の空気を炉室に供給し再燃焼させて、無駄のないクリーンな二次燃焼を達成しています。シンプルでメンテナンス性が良く、コストパフォーマンスの高い燃料構造になっています。

資料請求